ブライトリング(BREITLING)時計修理・オーバーホール・電池交換

ブライトリング(BREITLING)時計修理

ブライトリング

BREITLING

ブライトリング(BREITLING)時計修理

ブライトリング(BREITLING)の時計修理・オーバーホールはお任せください

ブライトリングは、1884年にレオン・ブライトリングによって創業されました。当初はストップウォッチやクロノグラフの製造に特化していましたが、20世紀に入ってからは腕時計の分野にも進出しました。創業者のレオンから2代目のガストン、3代目ウィリーと親子3代でクロノグラフブランドとしてブライトリングを成長させていったことは有名です。 今では世界的ブランドとして名を馳せているブライトリングですが、その世界戦略もユニークです。内外価格差を明示する価格表を覚えている時計ファンも多いことでしょう。また、今でこそその国の消費者ニーズに合わせてマーケティングツールを変えることは当然ですが、1990年代はスイス本国からの指示に従って広告運用を行うなどが一般的でした。しかし、ブライトリングジャパンでは日本人に受け入れられる手法は日本人が考えるべきだと訴え、それが認められたというエピソードがあります。 ブライトリングの代表的なモデルとしては、「ナビタイマー」「クロノマット」「スーパーオーシャン」などが有名ですが、エアロスペースなどが含まれる「プロフェッショナルズ」や「プレミエ」「トップタイム」などのコレクションがあります。航空時計としての存在感を追求しつつも、幅広いコレクションを送り出していることもブライトリングの魅力のひとつです。 日本国内のブライトリングオーナーにはクラブブライトリングのサービスも提供されています。ブライトリング主催のイベントや限定モデルの優先購入権、メンテンナンスサービスの割引など様々な特典が提供されています。しかし、時計の購入ルートは多岐にわたります。クラブブライトリングを所有していなくてもウォッチ・ホスピタルにお任せください。

ブライトリングの修理について

ABOUT REPAIR

幅広くオーバーホールのご相談を承っています

各種ブランドの時計修理・オーバーホールは年間20,000件以上の実績があり、その中でもブライトリングは数多くのご依頼をお受けしております。
また、弊社はメーカーの修理窓口ともお取引がございますので、弊社で修理されたのちに、もしメーカー修理に出されても修理を受け付けていただけます。
お支払いは修理完了時、各種クレジットカードもご利用いただけます。安心の1年間保証がついていますので、まずは店頭・集荷での無料見積りをお勧めいたします。

オーバーホールの基本料金はメーカー正規料金から最大76%OFF!

ブライトリングのオーバーホールは、クォーツ22,000円(税込)、機械式27,500円(税込)、クロノグラフ38,500(税込)から対応しております。 ブライトリングのサービスセンターをご利用になる場合と比較すると最大76%OFF!

『時計ではなく計器である』というコピーと『100%クロノメーター宣言』で多くのファンを獲得したブライトリングはムーブメントの精度調整にも時間をかけて丁寧な仕事をしています。大切な愛機のメンテナンスはウォッチ・ホスピタルにお任せください。

また、オーバーホールをされるお客様には、ポリッシュ(研磨)サービスを特別価格(11,000円~(税込))でご案内しております。ウォッチ・ホスピタルのポリッシュサービスはポリッシャー(研磨技師)による専門的な外装研磨で、ケース・ブレスレットも見違えるほど美しく仕上げます。

安心の1年間保証

大切なブライトリングの時計を安心してお預け頂くために、当社ではオーバーホール後1年間の保証期間お付けしております。

ブライトリングの修理料金

PRICE

ウォッチ・ホスピタルでは修理、オーバーホールがメーカー同等の品質で最大60%オフ!
1年間保証も付いています。

ムーブメント ウォッチ・ホスピタル
基本料金(税込)
メーカー(参考価格)
基本料金(税込)
クォーツ ¥22,000 ¥99,000
クォーツクロノグラフ ¥33,000 ¥121,800
自動巻 ¥27,500 ¥110,400
クロノグラフ(スーパーオーシャン、クロノマット) ¥38,500 ¥158,000
クロノグラフ(ナビタイマー、B-2) ¥44000 ¥158,000
クロノグラフ(セミパーペチュアル(Cal.19)、シャドウフライバック(Cal.35)、ツインシックスティetc,)  ¥66,000 ¥158,000
クロノグラフ(自社キャリバーB01) ¥77,000 ¥158,000

*1 クロノグラフ(複雑)の該当キャリバー例 : cal 19(セミパーペチュアル)、21(ダトラ)、35(シャドウフライバック)、 36(スパシオグラフ)、38、39(ツインシックスティ)
※上記はオーバーホール基本料金となります。パーツ交換が必要な場合は、別途パーツ料金が追加となります。
※文字盤やリューズ、プッシュボタンなど、メーカー独自のパーツで供給のないものは、メーカーに部分修理依頼を出す場合がございます。
※PVD/DLC加工、アフターダイヤ等のカスタム仕様のモデルは弊社ではお取り扱いができません。
※メーカー参考価格は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

修理へのこだわり

ウォッチ・ホスピタルは時計修理・オーバーホールの専門店です。弊社の代表は「1級時計修理技能士」の資格を持ち、技術センター部長を兼務しながら、メーカーと同等の技術力とリーズナブルな料金の両立を実現。メーカーの修理窓口ともお取引がございますので、弊社で修理されたブライトリングをメーカー修理に出されても、問題なく受け付けてもらえます。最近〜最新のモデルはもちろん、メーカー修理では高額なアンティークもお任せください。

修理対応内容

ウォッチ・ホスピタルではモデルやムーブメント(クォーツ、手巻、自動巻)にかかわらず、ブライトリングの多くのモデルの修理に対応しています。

  • オーバーホール

    時計の機能と性能を維持し、正確な時刻を保つために定期的に行われるメンテナンスです。オーバーホールでは、時計のムーブメントを分解し、洗浄、調整、交換、組立てなどの作業が行われます。通常、機械式時計は3〜5年に1度、クォーツ時計は4~6年に1度のオーバーホールが推奨されますが、使用状況や環境によって異なります。

  • 電池交換

    クォーツ時計(電池式時計)の動力源である電池が消耗し、動かなくなった際に新しい電池に交換する作業です。クォーツ時計は、水晶振動子を利用することで高精度に時刻を表示する仕組みになっています。電池の寿命は通常2~3年程度ですが、ムーブメントの種類や時計の付加機能、使用状況によって異なります。

  • 外装研磨

    時計のケースやブレスレットなどの金属部分に生じた傷を磨いて、新品に近い状態に仕上げる作業です(※)。腕につけて時計を使用していると、細かな傷が増えていきます。また汗などと一緒に汚れも付いていきます。外装研磨を行うことで、時計の美観を回復し、愛着も一層湧いてきます。※細かいキズを除去するライトポリッシュ、深いキズも目立たなくするプレミアムポリッシュもお選びいただけます

  • 文字盤再生

    時計の文字盤に生じた損傷や劣化を修復し、美しい状態に戻す作業です。文字盤は、時計の顔とも言われる重要な部分であり、その状態が時計全体の印象を大きく左右します。長年の使用や経年劣化によって、文字盤には変色、剥がれ、ヒビ割れなどの損傷が生じることがあります。

  • リューズ修理

    時計のリューズ(時間合わせやゼンマイを手巻きするツマミ)が欠損したり、壊れたりした際に修理または交換する作業です。リューズはユーザー自身で操作することが多く、またケースから飛び出した形状のため損傷が多いパーツです。リューズが正常に機能しないと、時刻の設定や時計の巻き上げができなくなるため、修理が必要となります。

  • プッシュボタン修理

    クロノグラフやアラームなどの機能を操作するためのプッシュボタンが固着や損傷を起こした際に、その部分を修理または交換する作業です。プッシュボタンは時計の付加機能の操作に直接関わる重要な部分ですが、リューズと同じくケースから飛び出した形状のため、摩耗や損傷が生じることがあります。プッシュボタンが正常に機能しないと、時計の付加機能が使えなくなるため、修理が必要となります。

  • ガラス・プラスチック風防交換

    時計の風防(表面を保護するガラスやプラスチックの部分)が割れたり、欠損した場合に、新しい風防に交換する作業です。風防は時計の文字盤を保護する役割を果たし、また視認性にも大きく影響します。風防に深い傷や割れがあると、時計の見た目や機能性が損なわれるため、交換が必要となります。

  • ブレスレット・
    革バンド交換

    時計の金属製ブレスレットや革製ストラップ(バンド)が摩耗、損傷、劣化した場合に、新しいブレスレットやバンドに交換する作業です。ブレスレットやバンドは時計の装着感やデザインに大きく影響を与える部分でもあります。季節ごとに付け替えをすると時計の楽しみ方の幅が広がります。

ブライトリングの時計修理事例

CASE STUDY

ウォッチ・ホスピタルに依頼されたブライトリングの修理事例を紹介します。

お客様の声

USER'S VOICE

2015~2023年
お客様高評価レビュー数
※2023年当社調べ

  • 人物アイコン

    5.00

    ブライトリング

    まずはエンジニアの皆様、最高の仕上がりをありがとうございました。ケース中身は開ける事が出来ませんが、ブレスの磨きを見れば丁寧な作業が分かります。最初の問い合わせから、作業内容のやり取り、途中経過の報告を頂いたり、と全く不安はありませんでした。とにかく仕上がりは最高!息子がこの時計の価値が分かるようになった時、いつでも譲ろうと思います。もちろん、ウォッチホスピタルのメンテナンスも継承します!ありがとうございました。

    福島県50代男性

    WEB申込ご利用 2023年07月06日

  • 人物アイコン

    5.00

    ブライトリング

    人生初めてのオーバーホールで色々とわからない事ばかりで色々な質問をメールでさせて頂いたのですが丁寧な説明で安心してお任せする事が出来ました。
    また他社では出来ないと断られたリューズの修理もして頂けて、これからもこの時計と過ごしていけるようにしてもらい感謝しかありません!
    +ライトポリッシュで新品同様の綺麗さに大満足です!

    大分県30代男性

    WEB申込ご利用 2023年06月05日

  • 人物アイコン

    4.00

    ブライトリング

    満足する仕上がりになっていました。ライトポリッシュをお願いしましたが、新品のようにピカピカで帰ってきました。金額についても満足しています。

    兵庫県西脇市40代男性

    WEB申込ご利用 2023年06月05日

  • 人物アイコン

    5.00

    ブライトリング

    スタッフの対応、作業の進行状況報告、とても良いとおもいます。優良店だと思います。

    岩手県50代男性

    WEB申込ご利用 2022年11月18日

  • 人物アイコン

    5.00

    ブライトリング

    研磨してもらったおかげで買った当時並に綺麗になって正直驚きまました。(購入後4年目でオーバホールと研磨してもらいましたがここまで綺麗になりませんでした)見積依頼時から丁寧に教えて頂き安心してお願いできました、ありがとうございました。

    秋田県秋田市40代男性

    WEB申込ご利用 2022年09月18日

  • 人物アイコン

    5.00

    ブライトリング

    とても綺麗に仕上げて頂きました。
    状態もとっても良いです。
    ありがとうございました。

    東京都40代男性

    新宿店ご利用 2023年06月05日

もっと見る

時計修理(オーバーホール)の流れ

REPAIR FLOW

クォーツ時計
  • Step-01

    分解洗浄

    時計を分解して、歯車類を中心に洗浄します。

  • Step-02

    パーツ交換

    時計を分解して、歯車類を中心に洗浄します。

  • Step-03

    注油

    歯車など駆動箇所に注油をします。

  • Step-04

    最終検品

    消費電流、コイル抵抗、始動電圧などの数値が正常であるかを確認します。そのうえで、実測テストも行って最終チェックが完了となります。修理期間は2〜3週間程度です。

機械式(手巻・自動巻)時計
  • Step-01

    分解洗浄

    時計を分解して洗浄します。基本的にすべてのパーツが洗浄の対象になります。

  • Step-02

    パーツ交換

    必要に応じて歯車等のパーツを交換します。機械式時計のオーバーホールはパーツ点数が格段に増えるうえ、より微細なパーツが多く組み込まれており、熟練した技術が必要です。歯車も単に組み上げるだけでなく、縦あがき、横あがきまでミクロン単位の調整を行います。

  • Step-03

    注油

    歯車部分に注油をします。機械式時計の注油は、クォーツ時計より難易度が高くなります。

  • Step-04

    精度調整・最終検品

    タイムグラファーと実測による精度調整をしてオーバーホール完了となります。なかには組み上げた時計の精度調整のために再度ムーブメントを分解しなければならないものもあります。修理期間は3週間〜です。

ブライトリング修理についてのよくある質問

FAQ

メーカー修理とどう違うのですか?

見積り、修理ともにメーカーより迅速です。たとえばメーカー見積りには約2週間程度かかりますが、弊社ではその場でお見積り可能です(最短15分)。

オーバーホールは絶対に必要ですか?

時計の機械は使用しているうちに摩耗します。また機械油の劣化により摩耗や遅れが発生する場合もあります。正確に時を刻むため、また時計そのものの寿命を延ばすためにもオーバーホールは必要です。

オーバーホールのタイミングはどれくらいですか?

一般的な機械式時計の場合、だいたい3〜5年に1回が目安です。クォーツ式の場合はもう少し間隔が長く、4~6年に1回程度です。

ウォッチ・ホスピタルでオーバーホールしたら、メーカー修理に出せなくなりますか?

ウォッチ・ホスピタルはメーカーの修理窓口ともお取引がございますので、弊社で修理した時計をメーカー修理に出すことも可能です。

アンティークのブライトリングも修理してもらえますか?

修理実績があります。お気軽にご相談ください。

ブライトリングの純正パーツを使って修理してもらえますか?

ウォッチ・ホスピタルは純正パーツにこだわり、可能な限りメーカーに近い修理を心がけています。純正パーツが存在しない場合は、ジェネリックパーツの使用をご提案することもあります。

電池交換にも時間がかかりますか?

ご来店の場合は店頭ですぐに拝見します。費用も2,200円と、リーズナブルです。

修理はお店に持ち込まなければいけませんか?

ホームページでお申込みいただくと、クロネコヤマトさんがご自宅まで集荷に伺います。LINEで簡単見積りサービスも行っております。

LINE簡単見積りについて

修理の進行状況は教えてもらえますか?

ウォッチ・ホスピタルではマイページ機能を提供しています。修理状況(ステータス)を随時確認していただけます。

マイページ機能について

保証は付きますか?

はい。ウォッチ・ホスピタルで修理した時計には1年の保証が付いています。

ブライトリングの代表的なモデル

BRAND SERIES

ナビタイマーNavitimer

1952年に手首装着型の回転計算尺付きクロノグラフとして開発されたことがナビタイマーの起源です。2年後に国際オーナーパイロット協会(AOPA)の公式タイムピースとして発表されました。このウォッチはナビタイマーと呼ばれ、航空会社の機長や航空愛好家はもちろん、宇宙飛行士スコット・カーペンターも宇宙で着用し、当時の多くのセレブリティたちにも愛用されました。70年以上の歴史を持つこのアイコニックなウォッチは、最新の改良が加えられながらも、そのクラシックな特徴を保っています。ナビタイマーは70年間にわたり愛され続け、今も変わらぬブライトリングの主力コレクションとして知られています。

クロノマットChronomat

クロノマットはあらゆる活動に適した万能なウォッチで、1980年代にはイタリア空軍の曲技飛行隊のために製作されました。実は、航空計算尺を搭載した最初期モデルはクロノマットになります。その航空デザインはナビタイマーに引き継がれ、クロノマットは1984年にスポーティーなデザインに一新して再登場することになります。クロノマットは、職業パイロットの意見を機能面に取り入れているのが特徴です。視認性と操作のしやすさを実現したベゼル4か所のライダータブ、両面無反射コーティングなどが挙げられます。普段使いでは少し操作のしづらさを感じるリューズなどもパイロットが操縦中に引っかかることが無いようにとの配慮と考えると納得がいきます。パイロットの実用性に特化したモデルとして知られています。

スーパーオーシャンSuperocean

1957年にブライトリングの初めてのダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」が登場します。学術的な海洋探査やダイビングなどのレジャーが普及し始めたことが背景にあります。ダイバーが水中で時間計測を見誤らないように60分で1周するクロノグラフを開発したこともスーパーオーシャンにまつわる重要なトピックです。「スローモーション」と名づけられたそのデザインは2022年の新作に採用され、創業から100年を超える企業の深みを味わうことができます。