日本全国無料集荷対応、スピード見積無料、送料無料、料金格安、1年間保証、時計修理年間1万本、一級技能士対応。オーバーホール、パーツ交換、電池交換、時計のことは何でもご相談下さい!

時間が遅れる⇒経年による油の劣化、油切れ

時間が遅れるとのことでお調べしたところ、経年による歯車の油の劣化、油切れが原因で遅れが発生していることがわかりました。 丁寧に分解し、洗浄して新鮮な機械油をさして組み上げたところ、元通り正確な時を刻むようになりました。 機械油は劣化しますので、4~5年に一度のオーバーホールをお勧めいたします。

オーバーホール工程
【オメガ コンステレーション】ケースの4ツ爪が特徴です。
裏蓋を開けて、ケース内部とムーブメントの様子をチェック。
自動巻機構を取り外します。
ムーブメントをケースから取り出します。ケースは超音波洗浄へ。
針、文字盤を取り外します。
カレンダー板を取り外します。
精度を決める最重要部品【テンプ】を外します。
各パーツを洗浄カゴに収納します。
専用の洗浄器で、部品を隅々まで綺麗に洗浄します。
洗浄後の部品に、丁寧に油をさします。部品別に、何種類もの油を使い分けます。
動力源のゼンマイ(香箱車)を納めます。
受板をセットして香箱車の組立が完了しました。
ゼンマイの力を伝えていく輪列部分を組み立てます。
精度を決める最重要部品【テンプ】の取り付け。
洗浄・注油を終えた自動巻機構の取り付け。
文字盤の取り付け。指紋が付かないための指サックは必須。
ムーブメントのケーシング。中枠も上下の向きがあるので要注意。
空気圧を利用した防水試験機で防水テスト。
ランニングテストを終えて、オーバーホール完了です。

↑ PAGE TOP