日本全国無料集荷対応、スピード見積無料、送料無料、料金格安、1年間保証、時計修理年間1万本、一級技能士対応。オーバーホール、パーツ交換、電池交換、時計のことは何でもご相談下さい!

動いたり、止まったりしてから止まってしまった。⇒2番車、3番車の交換

ご使用年数約10年で、動いたり、止まったりしてから最後は止まってしまったことで修理を承りました。機械を拝見したところ、メインの歯車が一部摩耗していましたので、オーバーホール、パッキン交換、2番車、3番車の交換という修理内容となりました。このモデルの特徴は、内部機械ムーブメントが2階建て構造になっています。

オーバーホール工程
カレンダーの無いオーソドックスなスピードマスターです。
裏蓋を開けるとオメガのロゴの入った自動巻ローターが見えます。
ムーブメントをケースから取り出します。
油切れで動きませんが、文字盤からはまだ判断がつきません。
地板だけになりました。歯車の収まる穴が汚れています。
丁寧に洗浄することで、大抵の部品はきれいに仕上がります。
交換用の新品パーツ。2番車、3番車です。
専用台にセットして安定した状態で作業を進めます。
ネジも緩まないよう増し締めをしっかりと行います。
ムーブメントをケースに固定するため、機留め座をセットします。
ケーシングを終えた段階で、精度チェック。
3気圧の日常生活防水テストを行います。
ランニングテストを終えて、オーバーホール完了。

↑ PAGE TOP