日本全国無料集荷対応、スピード見積無料、送料無料、料金格安、1年間保証、時計修理年間1万本、一級技能士対応。オーバーホール、パーツ交換、電池交換、時計のことは何でもご相談下さい!

一日使用して、夜外すと朝には止まってしまう。⇒経年による油の劣化、自動巻機構の劣化

最近自動巻きの持続時間が短くなった、止まることもあるということで修理を承りました。機械を拝見したところ、油の劣化による遅れが発生していることがわかりました。オーバーホールにて部品洗浄、新しい油をさすことによって元通り作動するようになりました。それでも症状が改善しない場合は、自動巻機構でクラッチの役割を果たしている「切替車」の交換が必要となる場合があります。

オーバーホール工程
【鮮やかなオレンジ色のベゼルが特徴のプラネットオーシャン】
防水モデルの為、スクリュー式の裏蓋を外します。
まず、自動巻ローターを取り外します。
ムーブメントを取り出すために、機留め座を外します。
文字盤、針の状態をチェックします。
カレンダーディスクの構造もよく考えられています。
コーアクシャルムーブメント独自のパーツが外されました。
洗浄カゴに収めて、きれいにしていきます。
自動巻機構の組立。
いよいよ輪列を組み立てていきます。
自動巻ローターのベアリング調整。
コーアクシャルの組立はひと味違います。
輪列を組み上げたら、動作チェック。
カレンダーディスクの取付。
文字盤の取付。
パッキンを交換して裏蓋を閉めます。
防水テスト及びランニングテストを経て、オーバーホール完了。

↑ PAGE TOP