日本全国無料集荷対応、スピード見積無料、送料無料、料金格安、1年間保証、時計修理年間1万本、一級技能士対応。オーバーホール、パーツ交換、電池交換、時計のことは何でもご相談下さい!

時間がかなり遅れる⇒部品の摩耗(アンクル、切替車の確認)

時間が遅れるとのことでお調べしたところ、機械にさしてある油が劣化していることが原因でした。分解洗浄して部品を磨き、油をさして組み上げたところ、元通り正確な時を刻むようになりました。 作業の中盤で、アンクルと切替車の状況を顕微鏡で確認しています。
※アンクル:ゼンマイから送られてくる動力を、テンプの振動を利用して一定の調子に整える役割を果たす部品。
※切替車:腕の動きに合わせて左右に回転するローターの動きから、ゼンマイを巻き上げるための一方向回転を得るために、回転方向の切替を行っている部品。

オーバーホール工程
【ロレックス サブマリーナデイト】最も取扱いの多いモデルのうちのひとつです。
裏蓋を開けて、自動巻機構を取り外します。
ムーブメントをケースから取り出します。
ケース、裏蓋は超音波洗浄へ。
本体から文字盤を取り外します。
カレンダー板を取り外します。
精度を決める最重要部品【テンプ】を外します。
ゼンマイが収納された香箱を取り外します。
香箱からゼンマイを取り出して洗浄します。
洗浄機にかける前に、ベンジンで汚れを落とします。
各パーツを洗浄カゴに収納します。
専用の洗浄器で、部品を隅々まで綺麗に洗浄します。
洗浄後、顕微鏡で摩耗している部品の状態を確認します。
アンクルを確認しています。
切替車を確認しています。
アンクルの取付です。
ゼンマイの力を伝えていく輪列部分を組み立てます。
洗浄後の部品に、丁寧に油をさします。部品別に、何種類もの油を使い分けます。
精度を決める最重要部品【テンプ】の取り付け。
文字盤の取り付け。指紋が付かないための指サックは必須。
ムーブメントのケーシング。中枠も上下の向きがあるので要注意。
自動巻機構の取り付け。切替車(ピンクの部分)が見えます。
ベゼル部分を取り付けます。
空気圧を利用した防水試験機で防水テスト。
ランニングテストを終えて、オーバーホール完了です。

↑ PAGE TOP