時計修理コラム

COLUMN

2020年7月24日(金)

  • 自分でできるお手入れ

やはり動かした方がいい

腕時計は色々なパーツが組み合わさってできています。

普段は使わないので、動かさないままになるパーツの代表例が『ベゼル』『エスケープバルブ』などだと思います。

クォーツ時計は正確なので『リューズ』も動かす機会が少ないと思います。

使っている間に汗や塵などが目詰まりして、これらのパーツが固着してしまうことがあります。

ひどい場合は錆びてしまってパーツ交換しなくてはならないこともあります。

動かせる部品は時々動かしてあげる方が時計にとってはいいことだと思います。

時計修理コラム一覧

全国WEB対応全国WEB対応

0120-121-647

受付11:00〜19:00(年中無休:夏期・冬期休暇を除く)

※ログインできない場合、再度メールアドレスと
パスワードをご確認ください。
パスワードをお忘れの方