ロレックス(ROLEX)時計修理・オーバーホール・電池交換

ロレックス(ROLEX)時計修理

ロレックス

ROLEX

ロレックス(ROLEX)時計修理

ロレックス(ROLEX)の時計修理・オーバーホールはお任せください

ロレックス(ROLEX)はスイスの高級時計メーカーで、1905年にハンス・ウィルスドルフとアルフレッド・デイビスによって設立されました。現在、ロレックスは世界中で高い評価と知名度を持つ時計ブランドとして、時計愛好家やコレクターから絶大な支持を受けています。 ロレックスは、自社製のムーブメント(機械式時計の心臓部)を開発・製造し、高い精度と信頼性を実現しています。また、一部のモデルは「高精度クロノメーター(Superlative Chronometer)」という独自規格をクリアしており、極めて高度な精度基準を満たしています。 同社の時計は、高品質な素材と独自の技術を用いた堅牢なケースやブレスレット、優れた防水性能が特徴で、ダイバーズウォッチやクロノグラフなど、様々な用途に対応したモデルも展開しています。

ロレックスの修理について

ABOUT REPAIR

ロレックスのオーバーホールがメーカー同等の品質で最大60%オフ!

ロレックスのオーバーホールについては、対象の時計の状態によりパーツ交換が必要になる場合がございますが、分解掃除のみで仕上がる場合であれば基本料金:機械式27,500円(税込)から対応しております。 

パーツ交換が必要と判断された場合、状況をご説明の上、交換パーツ費用を含んだ金額をお見積りさせて頂きます。

オーバーホールをされるお客様には、ポリッシュ(研磨)サービスを特別価格でご案内

ウォッチ・ホスピタルのポリッシュサービスはポリッシャー(研磨技師)による専門的な外装研磨で、ケース・ブレスレットも見違えるほど美しく仕上げます。 

ロレックスの修理料金

PRICE

ウォッチ・ホスピタルでは修理、オーバーホールがメーカー同等の品質で最大60%オフ!
1年間保証も付いています。

ムーブメント ウォッチ・ホスピタル
基本料金(税込)
メーカー(参考価格)
基本料金(税込)
自動巻(デイトジャスト等) ¥27,500 ¥60,500
自動巻(スポーツモデル) ¥27,500 ¥77,000
自動巻(オールドモデル) ¥33,000 ¥88,000
自動巻(デイデイト) ¥38,500 ¥88,000
クロノグラフ ¥49,500 ¥88,000

※上記はオーバーホール基本料金となります。パーツ交換が必要な場合は、別途パーツ料金が追加となります。
※文字盤やリューズ、プッシュボタンなど、メーカー独自のパーツで供給のないものは、メーカーに部分修理依頼を出す場合がございます。
※PVD/DLC加工、アフターダイヤ等のカスタム仕様のモデルは弊社ではお取り扱いができません。
※メーカー参考価格は変動している可能性がありますので、ご了承下さい。

ロレックスの修理案件は急速に増加
スピード見積り対応!メーカー修理と同等の品質で費用も安い

各種ブランドの時計修理・オーバーホールは年間20,000件以上の実績があり、その中でもロレックスは数多くのご依頼をお受けしております。また、弊社はメーカーの修理窓口ともお取引がございますので、弊社で修理されたのちに、もしメーカー修理に出されても修理を受け付けていただけます。

お支払いは修理完了時、各種クレジットカードもご利用いただけます。安心の1年間保証がついていますので、まずは店頭・集荷での無料見積りをお勧めいたします。

オーバーホールの進行状況はマイページで確認

ウォッチ・ホスピタルではロレックスのオーバーホールの進行状況を確認するために「マイページ機能」を用意しております。修理状況(ステータス)はマイページで随時確認していただけます。当社では、純正パーツにこだわり、可能な限りメーカー修理に近い対応を心がけています。

安心の1年間保証

大切なロレックスの時計を安心してお預け頂くために、当社ではオーバーホール後1年間の保証期間お付けしております。

お得なキャンペーン

期間限定キャンペーンやLINEクーポン、リピ特割などのお得なキャンペーンをご活用いただけるとさらにお得です。

シリーズごとの特性に合わせたオーバーホール・修理対応

シリーズごとに形状や特性が異なるブランド時計ですが、当社では年間20,000件以上の修理実績を背景に、経験豊富な技術者が特性に合わせた修理対応をいたしますのでご安心ください。

修理へのこだわり

ウォッチ・ホスピタルは時計修理・オーバーホールの専門店です。弊社の代表は「1級時計修理技能士」の資格を持ち、技術センター部長を兼務しながら、メーカーと同等の技術力とリーズナブルな料金の両立を実現。あまりに高額なメーカー純正修理に対し、品質・機能ともに純正部品と同等のパーツという「選択肢」を通してお客様のニーズにお応えしています。

修理対応内容

ウォッチ・ホスピタルではモデルやムーブメント(手巻、自動巻)にかかわらず、ロレックスの多くのモデルの修理に対応しています。

  • オーバーホール

    時計の機能と性能を維持し、正確な時刻を保つために定期的に行われるメンテナンスです。オーバーホールでは、時計のムーブメントを分解し、洗浄、調整、交換、組立てなどの作業が行われます。通常、機械式時計は3〜5年に1度、クォーツ時計は4~6年に1度のオーバーホールが推奨されますが、使用状況や環境によって異なります。

  • 電池交換

    クォーツ時計(電池式時計)の動力源である電池が消耗し、動かなくなった際に新しい電池に交換する作業です。クォーツ時計は、水晶振動子を利用することで高精度に時刻を表示する仕組みになっています。電池の寿命は通常2~3年程度ですが、ムーブメントの種類や時計の付加機能、使用状況によって異なります。

  • 外装研磨

    時計のケースやブレスレットなどの金属部分に生じた傷を磨いて、新品に近い状態に仕上げる作業です(※)。腕につけて時計を使用していると、細かな傷が増えていきます。また汗などと一緒に汚れも付いていきます。外装研磨を行うことで、時計の美観を回復し、愛着も一層湧いてきます。※細かいキズを除去するライトポリッシュ、深いキズも目立たなくするプレミアムポリッシュもお選びいただけます

  • 文字盤再生

    時計の文字盤に生じた損傷や劣化を修復し、美しい状態に戻す作業です。文字盤は、時計の顔とも言われる重要な部分であり、その状態が時計全体の印象を大きく左右します。長年の使用や経年劣化によって、文字盤には変色、剥がれ、ヒビ割れなどの損傷が生じることがあります。

  • リューズ修理

    時計のリューズ(時間合わせやゼンマイを手巻きするツマミ)が欠損したり、壊れたりした際に修理または交換する作業です。リューズはユーザー自身で操作することが多く、またケースから飛び出した形状のため損傷が多いパーツです。リューズが正常に機能しないと、時刻の設定や時計の巻き上げができなくなるため、修理が必要となります。

  • プッシュボタン修理

    クロノグラフやアラームなどの機能を操作するためのプッシュボタンが固着や損傷を起こした際に、その部分を修理または交換する作業です。プッシュボタンは時計の付加機能の操作に直接関わる重要な部分ですが、リューズと同じくケースから飛び出した形状のため、摩耗や損傷が生じることがあります。プッシュボタンが正常に機能しないと、時計の付加機能が使えなくなるため、修理が必要となります。

  • ガラス・プラスチック風防交換

    時計の風防(表面を保護するガラスやプラスチックの部分)が割れたり、欠損した場合に、新しい風防に交換する作業です。風防は時計の文字盤を保護する役割を果たし、また視認性にも大きく影響します。風防に深い傷や割れがあると、時計の見た目や機能性が損なわれるため、交換が必要となります。

  • ブレスレット・
    革バンド交換

    時計の金属製ブレスレットや革製ストラップ(バンド)が摩耗、損傷、劣化した場合に、新しいブレスレットやバンドに交換する作業です。ブレスレットやバンドは時計の装着感やデザインに大きく影響を与える部分でもあります。季節ごとに付け替えをすると時計の楽しみ方の幅が広がります。

ロレックスの時計修理事例

CASE STUDY

ウォッチ・ホスピタルに依頼されたロレックスの修理事例を紹介します。

お客様の声

USER'S VOICE

2015~2023年
お客様高評価レビュー数
※2023年当社調べ

  • 人物アイコン

    5.00

    ロレックス

    見積もりの説明が丁寧で、安心してオーバーホールを依頼できました。

    神奈川県50代男性

    新宿店ご利用 2024年04月20日

  • 人物アイコン

    5.00

    ロレックス

    以前はロレックス サブマリーナでお世話になり、今回もリピートで変わらず良い仕上がりでした。しかもきれいになって戻ってきて大変満足しております。見積もり、配送も適切、とても良いお仕事されており信頼出来る業者様です。

    神奈川県50代男性

    上野店ご利用 2024年04月17日

  • 人物アイコン

    5.00

    ロレックス

    大変、良かったです。

    神奈川県横浜市60代以上男性

    新宿店ご利用 2024年04月13日

  • 人物アイコン

    5.00

    ロレックス

    新品のようにきれいになりました。これからも大切に使います。とても丁寧な対応でよかったです。

    神奈川県川崎市60代以上男性

    上野店ご利用 2024年04月02日

  • 人物アイコン

    5.00

    ロレックス

    対応は親切で、説明も丁寧にして下さった。感謝しています。

    兵庫県西宮市60代以上男性

    WEB申込ご利用 2024年03月24日

  • 人物アイコン

    5.00

    ロレックス

    年末年始を挟んだせいか、通常より納期はかかりましたが、途中、メールによる状況報告等もあり、安心してお任せすることができました。 モチロン、いつもながら仕上がりにも大変満足しております。 また、お世話になることもあると思いますが、よろしくお願いいたします。

    北海道函館市60代以上男性

    WEB申込ご利用 2024年03月24日

もっと見る

時計修理(オーバーホール)の流れ

REPAIR FLOW

  • Step-01

    分解洗浄

    時計を分解して洗浄します。基本的にすべてのパーツが洗浄の対象になります。

  • Step-02

    パーツ交換

    必要に応じて歯車等のパーツを交換します。機械式時計のオーバーホールはパーツ点数が格段に増えるうえ、より微細なパーツが多く組み込まれており、熟練した技術が必要です。歯車も単に組み上げるだけでなく、縦あがき、横あがきまでミクロン単位の調整を行います。

  • Step-03

    注油

    歯車部分に注油をします。機械式時計の注油は、クォーツ時計より難易度が高くなります。

  • Step-04

    精度調整・最終検品

    タイムグラファーと実測による精度調整をしてオーバーホール完了となります。なかには組み上げた時計の精度調整のために再度ムーブメントを分解しなければならないものもあります。修理期間は3週間〜です。

ロレックス修理についてのよくある質問

FAQ

メーカー修理とどう違うのですか?

見積り、修理ともにメーカーより迅速です。たとえばメーカー見積りには約2週間程度かかりますが、弊社ではその場でお見積り可能です(最短15分)。

オーバーホールは絶対に必要ですか?

時計の機械は使用しているうちに摩耗します。また機械油の劣化により摩耗や遅れが発生する場合もあります。正確に時を刻むため、また時計そのものの寿命を延ばすためにもオーバーホールは必要です。

オーバーホールのタイミングはどれくらいですか?

一般的な機械式時計の場合、だいたい3~5年に1回が目安です。

ウォッチ・ホスピタルでオーバーホールしたら、メーカー修理に出せなくなりますか?

修理内容によっては、弊社で修理した時計をメーカー修理に出していただくことも可能です。
※メーカーの対応基準は変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

アンティークのロレックスも修理してもらえますか?

修理実績があります。お気軽にご相談ください。

ロレックスの純正パーツを使って修理してもらえますか?

ウォッチ・ホスピタルは純正パーツにこだわり、可能な限りメーカーに近い修理を心がけています。純正パーツが存在しない場合は、ジェネリックパーツの使用をご提案することもあります。

修理はお店に持ち込まなければいけませんか?

ホームページでお申込みいただくと、クロネコヤマトさんがご自宅まで集荷に伺います。LINEで簡単見積りサービスも行っております。

LINE簡単見積りについて

修理の進行状況は教えてもらえますか?

ウォッチ・ホスピタルではマイページ機能を提供しています。修理状況(ステータス)を随時確認していただけます。

マイページ機能について

保証は付きますか?

はい。ウォッチ・ホスピタルで修理した時計には1年の保証が付いています。

ロレックスの代表的なモデル

BRAND SERIES

オイスターパーペチュアルOyster Perpetual

オイスターパーペチュアルは世界初の防水腕時計として知られています。高いクロノメーター精度、防水性に優れたオイスターケース、パーペチュアルローターによる自動巻ムーブメントを備え、豊富なカラーバリエーションでも人気です。1926年にイギリス人女性がドーバー海峡を泳いで横断した際にこのモデルを着用し、それを新聞の一面広告で大々的に発表したことでロレックスのブランドが一気に高まったといわれています。

デイトジャストDatejust

デイトジャストは1945年に誕生した自動巻き防水クロノメーター腕時計で、ロレックスのアイコン的なモデルです。ロレックスの創始者、ハンス・ウィルスドルフも、このモデルについて「これまでの技術を凝縮した傑作時計」と評しています。クラシックでエレガンスな雰囲気を持ちながら、現代においても使いやすく実用的なモデルです。

サブマリーナSubmariner

1953年発表当時のサブマリーナは、水深100m(330フィート)までの防水性能を備えた初のダイバーズウォッチで、その後のダイバーズウォッチの基準を定めたモデルです。逆回転防止ベゼルやベゼルに刻まれた60分の目盛などは、他社のダイバーズウォッチのデザインにも大きな影響を与えました。

GMTマスターGMT-Master

1955年に発表されたGMTマスターは、世界初のデュアルタイム機能を備えたモデルです。2つの異なるタイムゾーンの時刻を表示できることから、世界中を旅するビジネスマンやパイロットに支持されています。現在もムーブメントや外装素材の改良により、機能性や堅牢性が進化し続けています。

デイトナDaytona

1963年に登場したコスモグラフ デイトナは、タキメーターや3つのカウンターとプッシャーを備えたモデルです。搭載されるムーブメントは常に改良を繰り返しており、最高のパフォーマンスを求めるモータースポーツの世界でも高く評価されています。

エクスプローラーExplorer

エクスプローラーは1953年に登場したモデルで、高い耐久性や防水性能により、世界中の探検家たちを中心に愛用されています。ブラックダイヤルに刻印された大きなアワーマーカーと『3、6、9』の数字は、シンプルながら高いファッション性も備えています。

ミルガウスMilgauss

1956年に誕生したミルガウスは、科学者や医師など電磁波の影響を受ける環境で働く人々向けに設計されたモデルです。フランス語で『1,000』を意味する『ミル』という言葉は、高い耐磁性能を備えていることから来ています。

ヨットマスターYacht-Master

ヨットマスターは、ヨットレースなど洋上で活躍する人々のために開発されたモデルです。プラチナなどの希少金属を使用したベゼルは、両方向回転という高い機能性を備え、ヨットレースでのタイム計測にも適しています。

エアキングAir-king

エアキングは、初代オイスターの役割を引き継ぐシンプルなモデルです。もともとはロレックスの中でボトムレンジに位置していましたが、その後ダイヤモンドインデックスやホワイトゴールド製のベゼルなどのモデルをラインアップするなど高級化が進み、現在ではプロフェッショナルモデルとして高い評価を受けています。

チェリーニCellini

チェリーニというモデル名は16世紀のイタリア彫刻家ベネデット・チェリーニに由来します。18Kゴールドやエバーローズゴールドなど高級素材を使用するなど、ステンレススチールモデルが無いのもこのモデルの特徴です。ロレックスの中で唯一防水性が低く、非防水もしくは日常生活防水までのラインナップでとなっています。