時計修理の豆知識

TIPS

腕時計の各種部品名称について

  • ❶ インデックス

    文字盤に刻まれた目盛りや数字をインデックス、もしくはアワーマーカーと呼びます。

  • ❷ ケース

    ムーブメントが収まる腕時計本体を指します。

  • ❸ 針

    一般的な3針時計は、時針・分針・秒針(3針)で構成されます。クロノグラフなどは、30分積算計や12時間積算計などが付属されます。

  • ❹ 文字盤(ダイアル)

    文字盤そのものをダイアルと呼びます。

  • ❺ ベゼル

    額縁を意味する言葉で、腕時計ではリング状に目盛りが振られているものやダイヤなど装飾が施されているものがあります。ベゼルを回転させて回転計算計として使用できるものもあります。

  • ❻ ベルト

    腕時計の種類により、金属ベルト(ステンレスやチタンなど)、革ベルト、ラバーベルトなど種類は様々です。

  • ❼ リューズ

    時計の時刻を合わせたり、手巻き時計の場合はゼンマイを巻き上げる際に回転させるパーツです。竜頭と表記される場合もあります。

  • ❽ 風防

    腕時計の表面に張られたガラス面を指します。

  • ❾ バックル

    金属ベルトに多いベルト、ブレスを留める部品の総称です。バックルにもDバックルや片開きバックル、観音開きタイプなどがあります。

  • ❿ ラグ

    時計本体とベルトを固定する部分をラグと言います。ベルト交換の際には本体のラグ幅とベルトのラグ幅が一致するベルトを選ぶ必要があります。

外装名称

  • ❶ ブレスレット

    金属製のバンドをブレスレットと言います。

  • ❷ ラグ

    足とも言い、バンドを挟み込む形になっています。

  • ❸ ベゼル

    青い目盛りが書いてある部分です。回転するものや目盛りも無いものなど色々な種類が有ります。

  • ❹ エスケープバルブ

    飽和潜水によるヘリウムガスをケース内より放出するためのバルブです。通常のダイビングなどでは使用しません。開放したままにしておくと内部に水分が入る危険があります。

  • ❺ プッシュボタン

    クロノグラフのストップウォッチ作動ボタン、一般的なものでは上がスタート、ストップ。下がリセットボタンです。

  • ❻ エンドピース

    バンドの一番端のケースと接触する部分です。

  • ❼ 30分積算計

    ストップウォッチの分を計ります。1目盛り1分、30分で針が一回りします。

  • ❽ センターセコンド

    ストップウォッチの秒を計ります。1分で針が一回りします。

  • ❾ スモールセコンド

    時計の秒針です。

  • ❿ 12時計積算計

    ストップウォッチの時間を計ります。1目盛り30分、12時間で針が一回りします。

  • ⓫ カレンダー

    日付を表示します。曜日を表示するもの、窓ではなく針で日付を示すタイプなどもあります。

  • ⓬ 美錠(尾錠)

    ベルトのバックルにあたります。

  • ⓭ つく棒

    ベルトの穴に刺し、固定します。

全国WEB対応全国WEB対応

0120-121-647

受付11:00〜19:00(年中無休:夏期・冬期休暇を除く)

※ログインできない場合、再度メールアドレスと
パスワードをご確認ください。
パスワードをお忘れの方